日焼け止めといっても自分の肌のタイプによって、どんな日焼け止めを選べばよいのかが違ってきます。

そもそも、紫外線には、3種類あり、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)に分けられます。

それぞれの紫外線の肌への影響については、紫外線A波(UVA)は、肌への影響力が強く、曇っていても肌に影響します。で、肌のシワやたるみを起こす原因になると言われています。紫外線B波(UVB)は、メラニンの生成を促進し、場合によっては肌が炎症を起こすこともあります。で、シミやそばかすのもとになると言われています。紫外線C波(UVC)は、皮膚の中に影響を及ぼし、場合によって皮膚病になることもあると言われています。

このように紫外線のタイプによっても肌に及ぼす影響は違います。

また、紫外線には波長があり、一番波長が長いのがUVA、UVCは一番波長が短い紫外線波です。
私達がいる地表に届く紫外線としては、UVAとUVBの2種類だそうです。

さらに言えば、紫外線は波長が短い方が人体への影響力が強いそうです。
そんな紫外線なので、しっかりと紫外線の季節がくる前からUVケアをしておかないといけませんよね。

でも、肌が乾燥肌で日焼け止めが合わないという人もいると思います。

そこで乾燥肌の場合の日焼け止めについて考えてみました。

成分としては、紫外線散乱剤を使っているものを使うのがいいです。具体的にはノンケミカルと表示されているものが多いと思います。

この、紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返し肌への吸収を防いでくれます。

有機化鉱物だから、肌への負担も少ないのです。ただ、べたつき感を感じる場合や、白くなりがちのもののあったりします。

なので乾燥肌の人は、ミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。
肌への負担が少ないし、保湿力もあるので、安心して使えます。

他にも美容成分が配合されているものを使うのもポイントです。
乾燥肌の人は、美容成分のセラミドやヒアルロン酸配合の日焼け止めがおすすめです。

ところで、UVAって1年を通して降り注いでいるので、年間を通してUVケアをするのがいいそうです。

面倒ですが。