「未分類」の記事一覧

日焼け止めを使うときのポイント

未分類

紫外線防止として日焼け止めをつかう場合、それなりに使用時の注意点があります。

日焼け止めを使うときに気をつけないといけないことを知らないと逆効果になることもありますからね。

まず、日焼けどめは日焼けしたくないからと安易に大量に塗らないことです。やはり、使用量を守り、使うことです。また、ケチって使うのもやめましょう。量が少ないと十分な効果が得られないこともあります。

規定の使用量だとどうしても白くなるという場合やべトつくのが嫌なら、透明タイプの日焼け止めもあります。

また、使うときも少しづつ、ムラのないように塗ることです。力を入れ、肌に押し込むように塗る人もいるかと思いますが、日焼け止めを塗る場合、塗りこまないで、肌にぽんぽんとのせていくように、ムラなく伸ばして塗りましょう。

日焼け止めは、塗り直しますけど、塗り直しは2、3時間に一度の間隔が理想です。
ただ、日焼け止めを塗って、そこを触らないでいられる場合は、5,6時間はイケると思います。

日焼け止め初心者の場合は、配合成分にも気をつけましょう。

日焼け止めには「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つの有効成分がありますが、紫外線吸収剤は、肌への負担が大きいし、紫外線により酸化します。そのため肌への負担が大きくなります。

日焼け止めの成分をチェックする場合は、紫外線散乱剤が配合されたものを選ぶ方が肌への負担も少ないと思います。

日焼け止め選びのポイント

未分類

日差しが強くなってくると、気になるのが日焼け。

なので、日焼け止めは欠かせません。とはいえ、日焼け止めはたくさんあるので、なにをどう選べばいいのかって、わかりにくいですよね。

そこで日焼け止め選びのポイントをまとめてみました。

まず、日焼け止めは高い数値がいいというものではありません。実は成分をチェックしていくことが大事です。

要するに、肌に負担をかけないための日焼け止め選びが大事ということになります。

なので、数値は低い方がベターです。数値が高いと、その分肌への負担も大きくなります。

 

次に、紫外線吸収剤が入っていないものがいいです。同じく紫外線吸収剤は肌への負担が大きいのです。とくに肌が弱いタイプは、日焼け防止ができても、成分で肌にダメージの与えてしまうことがあります。

なので、敏感肌の方は、とくに注意です。

とはいえ、メリットとして、伸びの良さ、白浮きしにくい、さらっとした使い心地があるので、肌が普通タイプ以上であれば、オーケーです。

 

他にも、ボディ用は、顔には使わないことも大事です。ケチっても仕方ないです。顔よりも体の皮膚は、丈夫なので、どうしてもボディ用の日焼け止めに配合されている成分は、顔にはダメージが大きいのです。

 

ページの先頭へ