「未分類」の記事一覧

オーガニック系の日焼け止めが気になっています。

未分類

私が気になっている日焼け止めは、肌に塗るだけでフリーになる日焼け止めがいいのかなってことです。

でも、日焼け止めクリームてべたつき感がある気がします。なんか肌に悪そうですよね。白く浮いて見えるのも恥ずかしいですし。

そこで、オーガニックの日焼け止めクリームってどうなのと思っています。
そもそも、オーガニックの日焼け止めとは、化学肥料や農薬とかを使わずに栽培した天然植物成分使用のものです。

当然、肌にもいいのです。肌への負担を少なくして、紫外線防止できるので注目されているみたいです。

とはいえ、オーガニックの日焼け止めには、いくつか種類があります。一番よく知られているのが、クリームタイプだと思います。
肌全般にのばせて、厚みをもたせることができるので、UVカットクリームの日焼け止めとしては一般的です。これ以外にも乳液に近いミルクタイプ、パウダータイプなんかもあります。

で、オーガニックの日焼け止めには、どんなメリットがあるかってことですけど、やっぱり、いちばんは肌にやさしいってことです。

要するに化学繊維、合成着色料、界面活性剤、防腐剤といったものを使っていないので、肌にはいいですよね。逆にこれらのものって、どうしても肌に負担がかかりやすくなります。

なので、天然植物エキスは肌への負担が極少量で抑えられているから、落とすときもかるく洗顔するだけで洗い落とせるんです。

ただし、デメリットもあります。オーガニック日焼け止めは、保存料や防腐剤を使っていない点で、長持ちしないというか傷みやすいんです。

要するにワンシーズンオンリーってことですから、コスト的にも高くなります。でも、一年で使いきれる分だけ購入することで対応できるとは思います。

あと、オーガニックだからといって万能というわけでもありません。白く浮いてみえるものもなかにはあります。そのへんはクチコミとかでチェックしていけばいいかなと思います。

あと、日焼け止め選びで気をつけたいのは、SPF/PA の数値です。SPFなりPAなり数値や+が多いほど紫外線予防のパワーがありますけど、その分肌に負担が大きいのです。

用途に応じて分けたほうがいいみたいです。

普段使いなら数値低めとか、夏場、日中外にいるなら数値高めとかって感じです。

ちなみに、SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、SPFのあとには数値がきて、紫外線を浴びたあとどれくらいの時間で皮膚が赤くかってことを示しているんです。SPF1単位で20~25分程度だから、たとえば、SPF20なら、20~25分の20倍ってことですから、400分~500分程度で皮膚が赤くなりますよってことです。

あと、PAは、Protection grade of UV-Aの略で、シワ、たるみをおこす紫外線A波を浴び,肌が黒くなるのを防ぐってことです。PAのあとに続く「+」は、メラニンによる色素沈着がはじまる時間がどれくらい伸ばせるかってことです。

いろいろとわかってきたので、ベタつかない日焼け止めを探していますよ。詳しいことはまた後日ってことで!

乾燥肌なら、どんな日焼け止めを選べばよいのか

未分類

日焼け止めといっても自分の肌のタイプによって、どんな日焼け止めを選べばよいのかが違ってきます。

そもそも、紫外線には、3種類あり、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)に分けられます。

それぞれの紫外線の肌への影響については、紫外線A波(UVA)は、肌への影響力が強く、曇っていても肌に影響します。で、肌のシワやたるみを起こす原因になると言われています。紫外線B波(UVB)は、メラニンの生成を促進し、場合によっては肌が炎症を起こすこともあります。で、シミやそばかすのもとになると言われています。紫外線C波(UVC)は、皮膚の中に影響を及ぼし、場合によって皮膚病になることもあると言われています。

このように紫外線のタイプによっても肌に及ぼす影響は違います。

また、紫外線には波長があり、一番波長が長いのがUVA、UVCは一番波長が短い紫外線波です。
私達がいる地表に届く紫外線としては、UVAとUVBの2種類だそうです。

さらに言えば、紫外線は波長が短い方が人体への影響力が強いそうです。
そんな紫外線なので、しっかりと紫外線の季節がくる前からUVケアをしておかないといけませんよね。

でも、肌が乾燥肌で日焼け止めが合わないという人もいると思います。

そこで乾燥肌の場合の日焼け止めについて考えてみました。

成分としては、紫外線散乱剤を使っているものを使うのがいいです。具体的にはノンケミカルと表示されているものが多いと思います。

この、紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返し肌への吸収を防いでくれます。

有機化鉱物だから、肌への負担も少ないのです。ただ、べたつき感を感じる場合や、白くなりがちのもののあったりします。

なので乾燥肌の人は、ミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。
肌への負担が少ないし、保湿力もあるので、安心して使えます。

他にも美容成分が配合されているものを使うのもポイントです。
乾燥肌の人は、美容成分のセラミドやヒアルロン酸配合の日焼け止めがおすすめです。

ところで、UVAって1年を通して降り注いでいるので、年間を通してUVケアをするのがいいそうです。

面倒ですが。

日焼け止めを使うときのポイント

未分類

紫外線防止として日焼け止めをつかう場合、それなりに使用時の注意点があります。

日焼け止めを使うときに気をつけないといけないことを知らないと逆効果になることもありますからね。

まず、日焼けどめは日焼けしたくないからと安易に大量に塗らないことです。やはり、使用量を守り、使うことです。また、ケチって使うのもやめましょう。量が少ないと十分な効果が得られないこともあります。

規定の使用量だとどうしても白くなるという場合やべトつくのが嫌なら、透明タイプの日焼け止めもあります。

また、使うときも少しづつ、ムラのないように塗ることです。力を入れ、肌に押し込むように塗る人もいるかと思いますが、日焼け止めを塗る場合、塗りこまないで、肌にぽんぽんとのせていくように、ムラなく伸ばして塗りましょう。

日焼け止めは、塗り直しますけど、塗り直しは2、3時間に一度の間隔が理想です。
ただ、日焼け止めを塗って、そこを触らないでいられる場合は、5,6時間はイケると思います。

日焼け止め初心者の場合は、配合成分にも気をつけましょう。

日焼け止めには「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つの有効成分がありますが、紫外線吸収剤は、肌への負担が大きいし、紫外線により酸化します。そのため肌への負担が大きくなります。

日焼け止めの成分をチェックする場合は、紫外線散乱剤が配合されたものを選ぶ方が肌への負担も少ないと思います。

日焼け止め選びのポイント

未分類

日差しが強くなってくると、気になるのが日焼け。

なので、日焼け止めは欠かせません。とはいえ、日焼け止めはたくさんあるので、なにをどう選べばいいのかって、わかりにくいですよね。

そこで日焼け止め選びのポイントをまとめてみました。

まず、日焼け止めは高い数値がいいというものではありません。実は成分をチェックしていくことが大事です。

要するに、肌に負担をかけないための日焼け止め選びが大事ということになります。

なので、数値は低い方がベターです。数値が高いと、その分肌への負担も大きくなります。

 

次に、紫外線吸収剤が入っていないものがいいです。同じく紫外線吸収剤は肌への負担が大きいのです。とくに肌が弱いタイプは、日焼け防止ができても、成分で肌にダメージの与えてしまうことがあります。

なので、敏感肌の方は、とくに注意です。

とはいえ、メリットとして、伸びの良さ、白浮きしにくい、さらっとした使い心地があるので、肌が普通タイプ以上であれば、オーケーです。

 

他にも、ボディ用は、顔には使わないことも大事です。ケチっても仕方ないです。顔よりも体の皮膚は、丈夫なので、どうしてもボディ用の日焼け止めに配合されている成分は、顔にはダメージが大きいのです。

 

ページの先頭へ